超高出力のコンパクトなレーザーポインター

レーザーポインターのビームはずいぶん明るい、迷光乱反射の発生を徹底抑制するため、教育/天文学に広く使用されている。天文愛好家、スポーツ愛好家、アウトドア愛好家にとって優先的な装置であり、友人や家族へのハイエンドのギフトでもある。

救済救援、地震、火災消防などの緊急時に威力を発揮できる
ほかにも、バー、KTV、コンサート、サッカーゲーム、バスケットボールゲームなどで娯楽の雰囲気をもたらすことができます.

レーザーの電力-光変換効率はそれほど高くない。すなわち多くが熱となる。
このモジュールも例外ではなく、若干真鍮の部分が熱くなる。しかし、これをガンガン冷やそうなどと野暮なことは考えてはいけない

理由は非線形光学結晶にある。この結晶は、確かに光を通せば波長が変わるのだが、光軸との間に最も効率よく光を変換できる「角度」がある

レーザーポインターは高出力レーザーポインターであり、この黄色 レーザーポインター の光線は赤色レーザーポインターよりもっと明るく、特別夜に、赤色レーザーポインターの8倍になり、人類の肉眼は判りやすく感じされる。
建設業の為、昼間に野外で使用するのですが、なかなか見えやすいです!

イエローレーザーポインター

カラス撃退レーザーポインター科学史上最も大きな発明は、レーザと考えられます。
次に、レーザーポインターの色の違いを説明します。
レーザーポインターに用いられる色は、赤・緑・青がもっとも有名です。なかでも赤色のledライト付きレーザーポインターは、レーザーに興味がない人でも見たことくらいはある色でしょう。赤色レーザーは量産・普及が進んだこともあり、現在は安価な価格帯におかれているレーザーです。
普及しているのが緑色レーザーです。緑色レーザーも近年普及が進み、以前ほど高価ではなくなりました。しかし、赤色レーザーよりは価格が高いようです。一 般的に、赤色レーザーは人間の目からの認識に劣り、緑色レーザーは赤色レーザーの約8倍明るく見えると言われています。8倍と言われてもピンと来ないか知 れませんが、例えば同じ1mwのものを比べてみると、その差は歴然です。

レーザー注意事項
☆レーザーは直接に人の顔や皮膚に向けて照射しないでください。
☆レーザー照射を人や動物に向ける
超高出力レーザーポインターを幼い子供の手の届く場所に置く
☆レーザー光を公共の場所に設置された反射物などに照射する
☆使用時、できるだけ当社が贈呈した保護メガネをおかけください。
☆レーザー光を公共の場所に設置された反射物などに照射する
☆光の電流がずいぶん大きいので、使用時、レーザーのボディは熱くなったら、一度オフしてから、またオンしてください。
☆そうするとレーザーの寿命も延びるはずだ。是非お試してみてください。

ブルーレーザーポインター

http://x.72604.x6.nabble.com/-td3.html

http://yakuoto20.269g.net/article/20059481.html

http://peatix.com/event/100609/view

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中